用語辞典

研修用語の意味「スキル」

スキルとは

ビジネス上でスキルという場合、仕事で必要な知識や技術を指して言います。そういったものは基本的には仕事の中で教え、身につけていくものですが、新たな分野のビジネスを始める際などはすでにその分野のスキルを身に着けた人材を採用するという形も増えています。そのため、会社においても労働者個人においても、将来的発展を考えるならばスキルを重視するべきであるという意識は高まっています。

どのように身につけていくのか

基本的に、会社の業務でその仕事をするうえで必要なことに関しては、日々の仕事の中で身につけていくことになります。仕事の中で先輩から後輩へ教えていく知識や技術の伝承、あるいは仕事の中で自分自身が積極的に学び取っていくことなど様々な形がありますが、いずれにしても真剣に仕事に取り組むことで得るものが大きいといえるでしょう。しかし、身につける側の努力だけではなく、教える側の「教える技術」というものも必要になります。これは教える人個人だけの努力で解決できる問題ではなく、会社全体でどのように教えていくかを考え、取り組むべき課題ということができます。

身につけるために取るべき方法とは

仕事上必要な知識や技術というものは、客観的にはかりにくいという特徴があります。いくら知識や技術を身につけても、それが自分自身の成長につながるだけで、対外的なアピールにつながらないという課題が出てきます。そうなると学びを続けていくうえでのモチベーションも下がってしまいます。適切な目標設定をすることによって学びやすくなるということも考えられます。そこで利用しやすいのが各種の資格、検定です。レベルや目標がはっきりすることで学びやすくなりますし、客観的にレベルを測れるということで昇格や転職のアピールポイントとしても使えることになり、学ぶモチベーションも上がりやすくなります。こういった形を使いながら教育訓練をしていくことが会社の繁栄にもつながっていくことになります。