用語辞典

研修用語の意味「接客研修」

接客研修とは、接客業の現場スタッフの基本的な応対動作、マナーを実地研修として学ぶことができるものです。店舗を基本とした接客業でスタッフが取るべき基本中の基本とも言える_x0008_お客様への接し方から、本来のあるべき理想像と現実の差を埋めるべく学ぶことのできる場です。日本人としてのおもてなしの心を忘れることなく、お客様への心のこもったマナーを身につけることの大切さを感じることができるのです。

基本的な研修項目の例


・お客様向けのお辞儀の種類と実践
・挨拶、笑顔、身だしなみ、エチケット
・接客における言葉遣い、敬語の使い分けと応用
・物品の受け渡しの基本動作、物品受け渡し時における言葉遣い
・金銭の受け渡しの基本動作、物品受け渡し時における言葉遣い
・電話応対の基本、クレーム時の応対の基本、言葉遣い
上記の基本的な事柄をベースにして、座学だけではなくロールプレイングで確実に身につけることを目指しています。研修修了後には即戦力として活用できるのが接客研修の特徴とも言えます。販売の現場でのOJTでは失敗が許されません。失敗は即、ビジネスチャンスを失うことにつながる可能性もあるのです。応対の基本を知らないばかりに、お店のブランドに傷をつけてしまう前に、接客研修で確実な基礎を身につけることが非常に重要です。また接客での成功はお店の売り上げにも直結します。お店のクオリティとは接客にあると言っても過言ではありません。接客研修では過去のデータに基づいて、お客様が求める接客のあるべき姿も花把握しています。そうした理想像と現実のギャップを埋めないままに、現状維持していくことは避けなければなりません。顧客満足度を向上させるには、現場のスタッフの持つ能力を最大に生かしてあげることが一番の近道とも言えるのです。お客様への安心感と信頼感はお店の信頼でもあり、リピーター獲得へも着実に結びついて行きます。接客研修では、現場に応じてのカリキュラムも数多く用意されています。