用語辞典

研修用語の意味「人間関係管理」

ビジネスを営む上で人間関係管理能力は非常に重要です。何故ならばビジネスを行う上では顧客や取引先企業の担当者、さらには同じ会社内の同僚や部下など数多くの人間との係わりを持たなければならないからです。人間関係管理能力に欠ける人は、ビジネスマンとして大成しないといっても過言では無いでしょう。_x000D_ 人間関係管理の基礎中の基礎は、ビジネスを行う上で出会った人達の事を記録し、管理する事です。特に営業職など多くの人間に出会う機会のある職種に就くビジネスマンにとっては非常に大切です。一度会った事があるにもかかわらず、その人と会った事がある事実を忘れて話をしてしまえば、相手側に不快感を与える事になります。こうした事態を避けるためにも、いつどこで誰と会ったかを記録し、管理する事は非常に大切なのです。_x000D_ 尚、優れた管理能力を有する人は、いつどこで会ったかという事に加えて、どのような会話をしたかという事も頭に入れて行動しています。相手側も忘れているような会話の内容を話しに出す事により、相手方は自分が思っている以上に相手が自分の事を想ってくれていると感じ、信用を増すのです。_x000D_ 人間関係管理能力の良し悪しは個人の記憶力の良し悪しだと考えられがちですが、実際にはどのような管理体制を敷くかという技術的な側面が大きいです。記憶力が低い人でも会ったその日のうちに名刺にメモを取るとか、データベースに入力をするという習慣付けをし、管理できている人も多いのです。_x000D_ こうしたテクニックは人間関係の管理能力の向上を目的とした人事研修などで学ぶ事が可能です。こうした研修では、人間関係の管理を効率的に行うためのテクニックに加えて、ビジネスを行う上で大切な人間の信頼関係構築のために役立つ話法やテクニックなども学ぶ事が出来ます。_x000D_ ビジネスのグローバル化が進み、人種や国境を越えた人材交流が加速する中で、こうした管理能力の重要性は今後ますます高まると予想されます。