用語辞典

研修用語の意味「プレゼンテーション研修」

どんなにいい商品やサービスを提供しようとしても、相手にその良さが伝わらなければ意味がありません。またいくら素晴らしい企画を考えたとしても説明の仕方によっては相手に理解してもらえない事もあるでしょう。このようにビジネスでは社内・社外に関わらずプレゼンテーション能力が必要になるシーンが多々あります。もちろん「人前で話すのが苦手」「自分の言いたい事を上手く整理して伝えられない」「いつも緊張してしまう」など悩みを抱えている人は多いでしょう。 そこで、プレゼンテーション能力をアップしたいと考えている人にはプレゼンテーション研修を受講する事をお薦めします。プレゼンテーションとは相手がどう感じるかが一番重要なポイントです。「自分では一生懸命伝えているつもりなのに、何がいけないのか?」と自分一人で考えていても答えは中々出ません。相手から見てどうなのかきちんとプロの講師に指導してもらうことが一番の近道です。
プレゼンテーション研修では主に以下のような能力を身に付ける事が出来ます。
・論理的な物事の伝え方
・相手に伝わりやすい話し方
・相手の反応に合わせた対応の仕方
・分かり易いプレゼンテーション資料の作り方
実際にロールプレイングを行ったり、自分自身のプレゼンテーションをビデオに撮ったりしながら効果的な方法について学んでいきます。プレゼンテーション研修を通じて、自分自身の話し方や説明内容を客観的に見直す事が出来ます。また上手く伝わる話し方にはやはりコツがあり、話すスピードや声のトーンが少し違うだけで、相手の感じ方も変わってきます。 人前で話すのが苦手と言う人も、練習さえすれば誰でもプレゼンテーション能力を身に付ける事は可能です。たとえ短時間の研修であっても受ける前と受けた後では格段に違いが出る人もいます。プレゼンテーションが上手くいくようになれば社内でも評価されたり、売上が伸びるようになったり結果にも繋がることでしょう。