用語辞典

研修用語の意味「パソコン研修」

IT技術の進歩を受けて、ビジネスの在り方は大きく変化しました。一昔前まではごく一部の先進企業でのみ使用されていたパソコンですが、現在ではビジネスを行う上で必要不可欠な業務ツールとなりました。 こうしたビジネス環境の変化を受け、企業で働くビジネスマンにも一定のパソコンスキルが求められるようになりました。現在では社員同士の情報共有化や顧客や取引先とのやり取りも大部分はEメールやインターネットを介して行われるようになったため、基本的なパソコンスキルを持たない従業員は企業の戦力と看做されなくなってしまう事となったのです。 こうしたビジネス環境の変化に対応すべく、近年では多くの企業がパソコンスキルに乏しい社員を対象にパソコン研修を開催するようになりました。パソコン研修を開催するには一定のコストがかかりますが、それでもパソコンが全く使えない社員を抱えるよりは良いと判断する企業が増えているためです。 企業で開催しているパソコン研修は基礎的な内容の研修が多いです。ビジネスを行う上で必要不可欠なソフトウェアであるマイクロソフトワードやエクセル、パワーポイントの基本的な使い方の研修に加え、中にはタイピングスキルの向上を目的とした研修を開いている企業もあるほどです。 また、より高度なパソコンスキルを必要とするIT企業などでは、パソコンのプログラミング言語やWEBプログラミングスキルの向上を目的としたパソコン研修を開催している所もあります。こうした研修は基本的なパソコン研修よりも時間を要するため、入社時に集中的に研修を行う企業も多いです。 研修を行う為には、受講者一人一人にパソコンを付与する必要があるため、こうした研修にかかるコストは決して安いものではありません。しかし、ITテクノロジーは日々進歩しており、今後もビジネスを営む上では必要不可欠なスキルとなる事は間違いないため、こうした研修が持つ意味合いは非常に大きいのです。