用語辞典

研修用語の意味「ライン・アンド・スタッフ組織」

組織は大きくなればなるほど複雑になっていきます。その複雑な組織を運営していくために様々な形を作っていきます。その中でもライン・アンド・スタッフ組織は代表的な組織運営の形といえるでしょう。 ライン組織というのは、組織を役割ごとの部署に分け、部署内には部署をマネジメントする上司が部下を束ね、部署同士も役割ごとに分類され会社組織としてまとめられていきます。多くはピラミッド型の指揮命令系統をもつ組織となっていきます。 一方スタッフ組織は専門的な立場から働きかけます。ライン組織をその専門的な立場から補佐します。ただしスタッフ組織がライン組織の指示をすることはありません。組織が大きくなればなるほど補佐的な役割が全体を調整する役割が必要になるためスタッフ組織を置くことになります。これがライン・アンド・スタッフ組織です。 ライン・アンド・スタッフ組織はライン組織が実動部隊として生産や営業や販売などを担うのに対しスタッフ組織は調査や企画や総務や人事や経理などを行いライン組織の運営を支えます。スタッフ組織があることでライン組織は本来の役割に専念することができます。こうした組織形態を持つことで組織が大きくなっても運営していくことができるのです。 ライン・アンド・スタッフ組織の注意点としては、それぞれの役割を明確にしておくこと、スタッフ組織は基本的に利益を生み出すわけではないのでスタッフ組織が大きくなりすぎると組織がいびつになってしまうため経営側でコントロールするすること、などが挙げられます。 ライン・アンド・スタッフ組織はより効率的に組織を運営していこうという考えで生み出されたものですが、ライン組織、スタッフ組織それぞれに運営を任せきりにしていると個々が自己最適化に走りかえって効率が悪化するという恐れもありますから、本当にそれが会社にとって効率的であるのかということを会社全体の視点から常に見直し、ライン組織とスタッフ組織の適正化を図ることが求められます。