用語辞典

研修用語の意味「ジョブ・インストラクション」

企業における新入社員における監督者訓練を行うにあたってさまざまな方法が提唱されてきましたが、その中でも現在多くの企業に積極的に採用されている手法として、監督者訓練の手法のひとつであるTraining with in industryの中の一つの講座であるジョブ・インストラクションと呼ばれるものが挙げられます。 Trainig with in industryとは、監督者を訓練する上で、いかに仕事を経験したことのない人に対して的確に仕事を教えられる能力をつけるために、アメリカで生まれたトレーニング法です。このトレーニング法は仕事の教え方であるジョブ・インストラクション、改善を行う手段などについて具体的に学ぶジョブ・メゾッド、人事として人を扱うためにはどのように行うことが適切であるか学ぶジョブ・リレーションと呼ばれる三つの講座から成り立っており、その中でも現在重要視されているのが仕事を学ぶ方法であるジョブ・インストラクションなのです。 この方法は4点法とも呼ばれており、大きく分けて4つのステップに分かれています。 第一に準備を行い、労働者をリラックスさせ、第二に作業プロセスを実演などを交えることによってわかりやすく説明するのです。第三には実際に職業未経験者に対して実際に作業をさせ、監督者は注意深く労働者に対して監視を行います。第四には作業の成果などを確認し、また労働者が作業について分からなかった質問などに対して監督者が答えるというものです。 これらのステップを踏むメリットとしては、緊張している未経験者に対して多くの情報を伝えても正確な認識が得られないためにプロセスごとに作業を分割することができるというものです。 また、労働者と監督者が一対一で行う指導であるために、労働者がモチベーションを維持することが容易である他に、実際の作業環境と同じように作業するために、訓練の成果を即時に判断し、報告を行うことができるというメリットもあります。