用語辞典

研修用語の意味「コンピタンス」

コンピタンスとは簡単に言うと企業の経営や営業上の、他社が真似しにくいその企業独自の強みのことであり、競合する製品やサービス、または競争相手である企業そのものに勝つ確立を高めるものです。 独自の強みとは、独自の特殊な技術であったり、専門的なスキルを持つ社員であったり、企業文化であったりします。 独自の特殊な技術があれば、その企業にしか作れない製品や提供できないサービスで勝負することが出来ますので、競争相手である企業に勝てる確立が高くなります。 専門的なスキルを持った社員がたくさんいたり、たくさん育成する仕組みをもっていれば、様々な魅力的な製品を開発したり、サービスを提供することが可能になりますので、このことも競合するものに勝てる確立を高められる要素になると言えます。 しかし、もっとも重要なのは、競争力の高い技術や人材を支える企業文化です。 企業文化とは、その企業独自の生産やサービスの管理方法、人材育成の方法、業績の評価制度が脈々と続き、改善が繰る返されることにより、その企業の社員の行動の暗黙のルールになっていることです。 たとえば一流ホテルのスタッフが上司に指示された訳でもないのに、誕生日である宿泊客にちょっとしたサプライズでプレゼントを渡すことなどは、そうすることが当たり前になっている企業文化を示しています。 中でもっともその企業の経営にとって重要度の高いもをコア・コンピタンスと呼びますが、コア・コンピタンスとなるものは、企業に所属する人材の質から生み出されることが多いため、マーケットの環境や競合との関係などの外部要因にされにくいものが多く見受けられます。 そのような独自の強みをしっかりと持って企業は、安定して品質の高い製品やサービスを生み出して世の中に継続的に提供し続けることが出来る実力を持った企業であるということが出来、マーケットにおいて競争力を発揮し続けられる企業なのです。