用語辞典

研修用語の意味「コミュニケーション研修」

コミュニケーションとは、自分自身以外の第三者と意思の疎通を図り、自身の意図を伝えたり相手の意図を汲み取ったりする事です。社会の中で多くの人との関係を持ちながら生きている人間にとって、第三者とのコミュニケーションスキルは生きていく上で必要不可欠なスキルの一つです。 コミュニケーションスキルは誰しもが少なからず有している能力ではありますが、ビジネスの現場ではより高度なコミュニケーション能力が求められるのが一般的です。これはビジネスを行う上では、会社の同僚や上司、取引先や顧客など、より多くの人との関わりがあり、これらの人々と良好な関係を構築しないとビジネスが立ち行かなくなってしまうからです。 例えば、どんなに優れた商品を開発しても、その商品の良さを顧客に上手く伝えることが出来なければ商品は売れませんし、どれだけ優れた企画を考えついても、上司や同僚の支持が得られなければ企画そのものが通らない事もあるからです。 逆にコミュニケーション能力が優れていれば、個人としての能力がそれほど高くなくても周囲のサポートを得て、大成する人もいます。ビジネスの世界においてコミュニケーション能力とはそれほど重要なスキルなのです。 コミュニケーション研修とは、このようにビジネスの世界では必要不可欠なコミュニケーション能力を伸張させる事を目的として開発された人材育成プログラムです。プログラムの内容は様々ですが、ビジネスの現場で必要となるコミュニケーションに重点を置き、部下や上司との間で必要となるコミュニケーションや、顧客や取引先との間で必要となるコミュニケーションのロールプレイングを実際に行い、能力伸張を促すという体験型コミュニケーション研修が多いです。 この研修では、様々なシチュエーションにおける発言の仕方に加えて、話のイントネーションやアクセントの付け方など、話法によって異なる印象を相手方に与える事などを学習します。