用語辞典

研修用語の意味「コーチング」

コーチングは、専門的な訓練を受けたコーチと、個人やチームなどのクライアントと呼ばれる者が目標設定を行い、対話を通して成果を達成するために用いられる技術のことで、人材開発のための技法として用いられます。 コーチ及びクライアントは、相手側の話に耳を傾けながらコミュニケーションを行っていきますが、コーチはクライアントの話をよく聞いて、相手を観察し、質問や提案などを取り入れることによって、クライアントが行動を起こしやすいように促していきます。 コーチングを行っていくプロセスで、コーチには効率的かつ効果的にクライアントが行動を起こせるように焦点を絞ることで、行動の選択肢についてあらゆる可能性を明確にするとともに、クライアントが向かう先を常に意識するよう促します。 コーチからのコーチングのスキルやアプローチ法、知識などのサポートを受けることによって、クライアントは自己の責任のもとで意思決定を行い、行動を選択して実際に動き、その結果として成果が生まれます。 クライアントとしては、コーチとの関係性において、新たな視点やこれまでとは異なる考え方を習得することが期待できます。また、日常生活において意思を決定したり、対人能力についても促進できる効果があります。目標を設定し、日常的にその目標を達成することに焦点を置くことによって、生産性も増加すると同時に、クライアント自身の人生にも満足度が高まります。 こうしたコーチングの技法を取り入れるきっかけになる場面は様々ですが、短時間において大きな挑戦を成し遂げることが求められる場面や、業務成績について大幅な向上を達成しなければならない場面、責任が重い役職に就いた場合などの他にも、自己の強みを活かしたい時や、セルフマネジメント能力を向上させたい時などが挙げられます。 コーチングは、第三者による視点が入ることによって、一人で取り組む場合よりも効果的に目標に取り組むことが期待できるので、ビジネス現場でも非常に役立つ技法です。