用語辞典

研修用語の意味「ケース・スタディ」

経営をうまく行うためには理論を実践するだけではなく、実際に起こった事例を基に原因や結果を分析して、もっとよい方法がないのか、改善できるポイントはどこかなどを研究する必要があります。それが事例研究と呼ばれるケース・スタディです。 ビジネスの場面だけではなく、人間関係や環境にも対応できます。理論を学ぶだけでは一方向の学習となりますが、ケース・スタディとして事例を分析することで誰もが自分の考えたことを発言することができ、一般に応用できる事例であれば改善策のためのモデルケースとして利用することができます。 個人だけでなくグループでも問題分析や解決策を立案したりできますし、理論だけでは理解しがたいような事例もモデルケースを利用することでわかりやすく身近な問題として意識することができるようになります。 マニュアルを読むだけでは覚えにくい方法もケース・スタディを利用すれば実際にお客様とのやりとりをしている場面を想定して覚えることができますし、トラブル事例が多い場合には特に注意を払っておくべき点が明確になるだけでなく、初心者を即戦力として活用することができるため、効率の良いセミナーの手法として採用されることもあります。 医療分野における臓器移植や脳死などのように解答が一律に出せないような問題もケース・スタディを利用することでトピックごとに問題を把握することができ、アプローチ方法が適切かどうかや倫理や考え方の変化に柔軟に対応できるようになります。 研究成果の発表やプレゼンのプラン提案などにも有効な方法で、問題に対する解決策を可視化することによってより目的にあったケースを選ぶことができ、それに対する考え方や受け止め方を討論することができるようになります。一番効果のある公告方法とは何かや何の研究をしているのかということを事例にあわせて説明することで基礎となる理論を踏まえて成果が出ることを実証することになります。