用語辞典

研修用語の意味「ビジネスマナー」

ビジネスマナーとはその名の通り、ビジネスを行う上で守るべき礼節や作法の事を指します。一言でビジネスマナーといってもその範囲は非常に広範であり、例えば名刺の交換を行う際の作法や上席者と会食を一緒にする際の作法、また取引先や顧客と話をする際の言葉遣いなどもビジネスマナーに含まれます。 社会人としてビジネスの世界に身を置く以上、こうしたマナーの習得は必須となります。マナーを守る事はビジネスの世界では暗黙の了解であり、これを守れない人は常識が無い人と判断され、相手にされなくなってしまいます。 こうしたマナーは身についていて当たり前と考えられており、出来ていない場合でもそれを指摘してくれる人は殆どいません。つまり出来ていない人は当たり前の事も出来ない人という烙印を押されてしまうのです。 しかし、社会に出て間もない新人社員の中にはこうしたマナーを知らない人も多いです。そのため、多くの企業では新人社員を対象にビジネスマナー研修を開催しています。こうした研修プログラムは数時間というプログラムが殆どですが、中にはマナーを徹底的に学ばせるために数日間の研修プログラムを組んでいる企業もあるほどです。 マナー研修では、ビジネスの世界で暗黙の了解となっているマナーについて、そのマナーの意味も含めて学ぶ事が出来ます。殆どの研修プログラムは講師の解説を聞く事がメインの研修なので、真剣に取り組まない受講者も少なくありませんが、マナーを知っているか否かは今後の社会人人生に大きな影響を及ぼす可能性があるという事を理解する必要があります。 また、企業が行っているマナー研修は新人社員を対象としていることが殆どであり、中堅社員やシニア社員を対象としてマナー研修を行っている企業は殆どありません。従って、新人時代に学ばないとそれ以降は学ぶ機会が無くなり、マナーを知らないままやっていく事になってしまうのでこうした研修には真剣に臨む必要があります。