用語辞典

企業研修用語の意味「新人研修」

新入社員はまだ会社の一員としての自覚が足りない事も多いです。会社人として恥ずかしく無い基本的なマナーや、仕事に対する責任感を持たせなければなりません。 会社としても早く戦力になって欲しいのですから、その教育を効果的、効率的、スピーディに行わなければなりません。その為に必要になるのが新人研修と言えるでしょう。 最近では会社が新人研修を行っているだけでは無くて、専門の研修会社によって新人研修が行われている事も多くなっています。 実施期間についてですが、企業によって違いますが、一般的には入社をして、1ヶ月から3ヶ月の期間、行われる事も多いのですが、中には、1年や3年という長期間を設定してじっくりと教育を行っている企業も存在しています。 新人研修を行って得られる成果を具体的に見て行くと、まず、学生から社会人としての意識改革をしっかりと行う事が出来るという部分です。社会人として必要な知識、スキル等、基本レベルの事をマスターして貰わなければ、会社の看板にも傷がついてしまう原因にも成り兼ねません。 その教育を施す過程の中で、仕事や会社への理解をじっくりと深めさせる事が出来ます。仕事をしていく上で必須になる知識や技術に関してだけでは無く、業務の内容や企業風土、企業の理念や、就業規則等の知識を新入社員は得られる事になります。他にも、会社は組織で動かなければならない事が多いので、チームワークを保つ為に必要なコミュニケーション能力を身につけさせる事も出来るでしょう。これらは社会人として会社で働く為に必要な物ばかりになります。 中にはなかなか自分の考えを答える事が出来無い小心な新人もおられるでしょうし、質問に対してどのような答えをすれば良いのか分からず、黙ったままになったり、パニックになってしまうケースもあるかもしれません。 しかし、新人研修を行う事によりきちんと質問に対して答えられる習慣を身につけさせる事も可能です。